ビットウェア株式会社

概要:

  特徴抽出OCRからディープラーニングへ進化、複雑な背景やemboss加工等でも画像認識が可能。

キャシューカード認識の課題:

★ キャシューカードの種類は多い

★ キャシューカード毎にフォントの種類が異なる

★ Emboss加工のフォントが多い

★ カードの背景デザインが複雑な物も少なくない

★ 一つのカードにEnboss加工のフォントと印刷のフォントが混在しているケースが多い


ディープランニングによるキャッシュカード口座番号認識ソリューション:

★ ディープラーニングを採用

★ 複数種類のキャッシュカードを認識可能

★ キャッシュカードの複数種類のフォントを認識可能

★ 複雑な背景、Emboss加工でも認識可能

★ 認識速度は速く、静止画ではなく動画撮影で認識

★ 認識機能すべてアプリ内実装、外部サーバとの通信一切なし

★ 独自学習用素材画像生成ツールにより多くの素材画像のご提供が不要


独自の大量素材生成ツール:

★ 数枚のカードを基に大量素材データを生成可能

★ 生成時間は早く、1分間に数千個のデータ生成が可能

★ 生成したデータは全てタグ付けし、ディープランニングへ投入、学習させる

★ 新しいカードを数枚用意して頂くと、1週間程度でそのカードを認識することが可能※


※ Emboss加工の場合は20枚、印刷フォントの場合10枚のカードをご用意頂くことがお勧めです
※ 少ない学習用素材カードでも認識できますが、多少認識率が落ちる可能性があります
※ ご用意頂いた全てのカードの中で口座番号に0-9の数字が含まれていることが必須となります


キャシューカード認識様子:


キャシューカード認識例:


キャシューカード認識例:


キャシューカード認識例:


本件に関するお問合せ先:

info@bit-ware.co.jp
TEL:03-6661-6920 江原


シリアルナンバーリアルタイム認識: